医療技術を活かして保健科学研究所が取り組む予防医学や介護事業

地元の関東学院高等学校を応援しています »« 猫を放っておかない男、村上豊彦

医療技術を活かして保健科学研究所が取り組む予防医学や介護事業

医療技術を活かして保健科学研究所が取り組む予防医学や介護事業

多くの医療機関や保健科学研究所にとって、先天性ならびに後天性疾患が遺伝子レベルで解明されて遺伝子診断ができるようになったことや医学の進歩は、予防医学においても大いに役立っています。
肥満や糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病の発生を予防することが可能になり将来的に生活習慣病や癌になりやすい体質かどうかを調べることもできます。
保健科学研究所では遺伝子リスクマーカー検査の受託や病原体遺伝子検査・染色体検査などを行い、病気の予防に役立てています。
また、認知症対応型のグループホームなどは少人数で生活する家庭的で落ち着いた雰囲気の介護施設で、認知症の方が生活しやすい環境となっています。
住み慣れた地域や町で年間を通して24時間サービスが受けられる小規模・多機能型の居住タイプもあり、通いを中心に訪問・宿泊などを必要に応じて組み合わせて利用することができるなど保健科学研究所としての医療技術や知識を活かして介護事業にも取り組んでいます。

2016年6月7日 at 5:49 PM
Commenting is closed