初めてのテニスの試合

岐阜市在住アラサー歯医者さんに行く »« オペラ、ミュージカルの舞台人を養成する聖徳大学

初めてのテニスの試合

初めてのテニスの試合

先週のことなんですが、なんとこの私がテニスの試合に出場いたしました。
といっても全然大きな大会なんかじゃなくて、地域のテニスサークルの対抗試合でした。
でも、私にとっては初めての大舞台、もう緊張しっぱなしでした。
私は元々、運動っていうタイプではなくて中学の頃は吹奏楽部だったんです。
まあ、それでも文化部の中の運動部といわれるくらいですから、毎日筋トレなんかはしてましたけどね。
もう何年もたってしまったので筋肉なんか最低限しかないですが。
けどつい最近、近所の人に誘われて運動がてらテニスサークルに入ることにしたんです。
最初は、そこで友達も出来ておしゃべりしながら楽しく活動していたんですが、日にちがたつと違ってきましたね。
何事も始めて見れば、人間、欲が出てくるものです。
もっともっと上達したくて仕事終わりに毎日のように練習しました。
すると、ちょっとずつですがサーブだったりフォームなんかが良くなっていったんです。
そんな時にテニスの試合に出てみないかと誘われました。

テニスの試合で学んだこと

試合当日、ペアと気合を入れて臨んだのですが、結果は惨敗でした。
それもそうですね、テニスを始めたばかりの人間が初試合で決勝まで勝ち残ったら相当なものですよね。
それでも予選ぐらいは勝ち残りたかったです。
でも、結局のところ楽しかったのは楽しかったです。
何ポイントマッチで進むのかすら知らなかった人間がルールまでわかるようになって、まともに戦ったわけですから、大きな進歩です。
一番の反省点はやはり実力不足と戦略をあまり立ててなかったところですかね。
実力は仕方ないにしろペアとの息がなかなか合わずに苦労しました。
私が主に迷惑をかけてしまったのですが、ペアの長所、短所をよく知って、もっとカバーしあうべきだったと反省しました。
あとは自信を持つことですかね。
思い切りが足らず弱弱しいレシーブになってしまいました。
今回、テニスの試合に出てみて学んだことは他でも感じてきたことでした。
準備を怠らないことと自信を持つこと。
やはり日々の積み重ねが大切なんですね。

次のテニスの試合で勝つために

テニスの初試合に出てから一週間経ちましたが、色んな変化がありました。
ただ単に試合に負けて残念だったで終わりたくはなかったので、練習はもちろん続けています。
その他にも生活習慣や食生活にまで気を遣うようになりました。
アスリートを目指すわけではないですが、一旦始めたことは最後までやり遂げたいもの。
勝つまでとことんやってみることにしました。
体づくりのために骨や肉になるものをしっかりとって、コンビニ弁当やファストフードを控えるようにしました。
体調管理のために冷たいものや塩分の多いものもとらないようにしています。
おかげで近頃は体の調子が良く、仕事のほうもはかどっています。
テニスで試合をする
生活習慣も今まで、睡眠時間を十分にとらずに無理をしていたのですが、この機会に、早寝早起きやストレッチなども始めました。
やっぱり健康第一ですね。
この調子で、次のテニスの試合でも仕事でもいい成績を出せるように日々努力していきたいと思います。

2016年7月15日 at 8:05 PM
Commenting is closed