綿密な設計が必要不可欠な煙突

煙突は定期的な整備やメンテナンスが必須 »« 日本で見る煙突

綿密な設計が必要不可欠な煙突

綿密な設計が必要不可欠な煙突

一つ前の記事にて、煙突ほど長くて頑丈な物を製造することはないと言いましたが、やはりその製造は簡単なものではないらしいですね。
なにより一つ設計を間違えれば大事故に繋がりますし、おそらく私の考えでは到底及びもつかない綿密な設計や製造が必要になると思います。
そういえば、以前ちょっとしたコラムを読んだことがありますが、そこには日本で煙突を作っている会社の非常に興味深い記事が載っていました。
そしてその記事に、煙突の設置に関する様々な工程が記載されていました。
例えば、設計段階においては、煙の排出量がどれくらいになるのかとか、排気経路の流れ抵抗がどれくらいになるのかとかの計算をしたりすることが記載されていましたが、こうした計算をきちんと行って設計することで日本の安全な煙突が造られているんだなと思うと、とてもすごいことだなと感じました。
僕が昔から何気なく眺めていた物の裏側で非常に綿密な計算が行われているんだと思うと、どうしたって関心せざるを得ませんよね。

2016年8月23日 at 8:49 PM
Commenting is closed