関西で就職できる施工管理技士とは

今年も夏のインターハイを迎えた関東学院高校が誇るクラブ活動 »« 煙突は定期的な整備やメンテナンスが必須

関西で就職できる施工管理技士とは

関西で就職できる施工管理技士とは

関西ではいろいろな業種を選ぶことが可能ですが、その中から今回は施工管理技士という職業について紹介したいと思います。
この職業は工事現場において、業務に携わる全ての技術者の作業工程の内容を管理する現場監督のような仕事となっています。
土木や建築といった数多くの種類の工事現場に関わるのですが、持っている資格によって携わることのできる業務が違うことも特徴です。
そして業務の際は工事をスムーズに進めるためにスタッフ全員をまとめる力や、決められた日にちまでに必ず作業を完了する、技術者が安全に業務を行うための作業環境の管理などといった責任感がとても重要になります。
また一日の作業が終わった後は、その日の作業内容の確認と次の日の施行プランや予算を決めるためにデスクワークも行います。
そのため帰宅が夜遅くになることもよくあります。
関西で就職したいという方で、建築関係の職に就きたいもしくは体力に自信がある方は施工管理技士を検討してみて下さい。

施工管理で携わる関西の現場について

ここでは施工管理技士が携わっている工事現場についてお話していきます。
この職業は関西や関東などにある主要都市のシンボルともいえる建物の建設から、普段の生活において毎日多くの人々が利用している公共施設まで、まさに多くの建物に関わっていることが特徴です。
そしてこれらの現場で新築や施設のリニューアル工事や再開発といった建設作業を円滑に進めていくためのサポートを行うようになっています。
また土木工事のサポートにおいては主に鉄道や通信など、移動や連絡手段として欠かせない設備の工事が挙げられます。
更にオフィスやビルの場合ですと、建物を建設する以外に電気や空調などといった室内に備え付けられている設備を整えるといった内装工事を行う企業もあります。
このことから施工管理技士は人々の生活を支えるために欠かせない職業であることが分かります。
関西では企業ごとの業務内容は様々ですので、ぜひ携わってみたい職業を見つけてみませんか。

資格を取得して関西の施工管理職で有利になろう

どの仕事においても言えることですが、施工管理技士の資格を取ることをおすすめします。
この職業の資格は作業の質を向上させるためにも重要視されているのですが、取得によって業務上有利になることに加えてクライアントからの信頼も得やすくなるというメリットがあります。
もし関西以外の職場に行くとなっても、資格があると採用されやすくなるのでぜひ取得したいところです。
どんな資格かと言いますと、いずれも1級と2級に分かれており、試験内容は難しいものとなっています。
またそれぞれの学校にある指定された学科を卒業していることに加えて一定期間の実務経験があるなど、受験できるようになるまでの道のりも大変です。
そのため計画的に勉強を進めていきましょう。

もし施工管理技士の資格を取得できた場合は、多くの現場で信頼のおける監理技術者として携われるようになります。
取得が大変な分だけ様々な現場で技術者の指導ができるようになるため、ぜひ関西の職場で資格取得も目指してみましょう。

2016年8月25日 at 12:43 PM
Commenting is closed