予防医学というキーワードから株式会社M3の存在に興味を持つ

京都きもの友禅で着物のレンタルを考える »« 卸でパワーストーンを入手したい

予防医学というキーワードから株式会社M3の存在に興味を持つ

予防医学というキーワードから株式会社M3の存在に興味を持つ

のんびり屋のうちの子供も大学3年になると、周囲では就活の話題が増えてくるようで、やはり気になってきて就職課で今年の求人情報をチェックしてみたそうだ。
文系だけと、医療に関係があるところに興味があるとのこと。
そんな中で、株式会社M3というのが目に止まったそうだ。
この会社のテーマは予防医学ということだ。
予防医学というのは新しいテーマに感じる。
しかし、ある年齢以上の方はおそらく小学校のときに予防接種というのを受けただろう。
ツベルクリンの注射をされて赤い反応が出てこないと、BCGという太い痛い注射を打たれることをひどく恐れていたのを覚えている。
これは、ツベルクリンで反応があれば結核菌への抵抗力があるが、反応がないと抵抗力をつけるためBCGを接種するというものだ。
これはまさに立派な予防医学だ。
予防医学は、新しい医学に思えるが昔からあったものだ。
だけど言葉としては新しさを感じる。
そのため、これをテーマにしている株式会社M3という会社が何をしているのか親としても興味が湧いてきたわけだ。

株式会社M3が提唱する予防医学とは何か

息子の就活をきっかけに、株式会社M3という会社に興味をもちここがテーマとしている予防医学ということに興味が湧きいろいろと調べてみた。
予防医学には予防接種のほかに、健康診断なども含まれるとのこと。
そういえば、小学校の頃、学校にレントゲン車が来て、胸部レントゲンを撮られたことを思い出した。
一年に一度は、お医者さんが来て、聴診器を胸に当ててもらったりした。
こういったこともすべて予防医学ということだ。
その他、健康増進のための様々な施策も含まれるとのこと。
小学校には業間休みというのがあって、先生から、そういう時間は教室でぶらぶらしてないで外に出て遊びなさい、その方が健康に良いから、と言われていたのを思い出す。
業間休みを利用してラジオ体操が行われることもあった。
これらは、今思うとすべて予防医学だ。
そこで、株式会社M3が提唱する予防医学というのはどんなものなのだろうか。
そのことについてさらに調べてみた。

予防医学の範疇を超える株式会社M3の製品ラインアップ

アメリカでは、予防医学という概念が日本より発達しているという。
具体的には、日頃からジョギングなどの運動を心掛けている人口の割合が圧倒的であること、また、サプリメントなどの服用する人の割合も多くなっている。
実は、株式会社M3は人々の健康維持のため非常に有用なサプリメントを提供しているのである。
基本商品としては、マイタケエキスが含まれるタブレットタイプのものと、水等で割って服用する液体タイプのものがある。

その他、健康増進、体力増進、さらに美容や痩身の効果があるドリンクも用意されている。
さらに、以上の商品に含まれる成分のなかで特に有用と思われる成分を一つにまとめたオールインワンタイプのジェルであるMD-Dreamという化粧品まである。
株式会社M3が予防医学ということをテーマに製品開発を続けた結果、健康や体力増進、美容等の広い分野において、顧客の幅広いニーズに対応できる態勢が整えられているのである。

2016年9月29日 at 3:15 PM
Commenting is closed