工場で使われているビニールカーテン

ビニールカーテンをどこで買うか »« より頻繁にレンタルしたくなるために、京都きもの友禅への要望

工場で使われているビニールカーテン

工場で使われているビニールカーテン

ビニールカーテンと聞いてイメージするのは、冬場、屋台など屋外に座って飲食するお店で使われているものではないでしょうか。
ビニール製のカーテンは飲食店などの他に、工場でも広く利用されています。
工場や倉庫の出入り口や、間仕切りとして活用されていることが多いようです。
普通のカーテンのように1枚ものになっているタイプやのれんのように間隔を開けて切れ目が入っているもの、ジャバラ式になっていて使わないときにはコンパクトにまとめておけるものなど、形状もさまざまです。
ビニールカーテンの製造・販売を行っているメーカーでは、使う場所や目的に合ったサイズに加工もしてくれるようですので、購入の際に、いろいろ相談してみると良いでしょう。
ビニールカーテンの製造から販売までを一括しておこなっているメーカーで購入するとお得だと思いますので、是非、そういったメーカーを探してみてください。
メーカーのホームページでは、製品の紹介も掲載されていますので活用できます。

いろいろな種類のビニールカーテン

工場で活用されているビニールカーテンですが、実にさまざまな種類があります。
雨風を防ぐだけでなく、虫が入ってこないように防虫加工がされたものや防炎のために耐熱性・不燃性を高めたものもあるようです。
強度を高めるために糸が入ったものもありますので、用途によって、いろいろな場所で利用できそうです。
精密機械などを製作する場所で活用されている帯電防止のものや、食品工場などのように衛生面が重要な場所で使うものには抗菌効果のあるビニールカーテンも製造されているようです。
各メーカーのホームページに掲載されている写真やカタログなどを見て、利用される場所に合ったものを選んでみてください。
カーテンの種類によって、できあがった際の重量が変わってきますので、それに合ったレールなどの部品選びも重要です。
ビニールカーテンの設置方法
カーテンレールに重いものをつり下げるには、それなりの強度が必要になってくるので、ビニールカーテン購入の際に、メーカーの担当者と相談してください。

2016年10月5日 at 12:41 PM
Commenting is closed