自販機は量から質の時代へ

オンラインカジノでプレイするために必要な情報 »« 病院に行きにくいママでも排卵チェッカーで3人目ができました

自販機は量から質の時代へ

自販機は量から質の時代へ

自販機を利用する人ってだんだん減ってるみたい。
僕は今でも良く利用するけれど何でも値段がやっぱり少しずつ値上がりしてるからなのか、スーパーやコンビニで購入した方が安いからって理由があるみたいだ。
そういった意味からも飲料会社は台数で売り上げをカバーするのではなく中身を重視して購入意欲の繋がるような商品を陳列していく方向に変わるそうだ。
自販機といえば思い出すのがコカコーラだけどコカコーラ自体も売り上げが減少しているので自販機にしかないオリジナル商品と言うのを売り出していくみたい。
数だけ打てば当たるって戦法は飲料業界のみならず他の職種でも同じなのは言うまでもない。
やっぱり質を求める時代が来ているんだなぁって考えさせられるね。
購入者のニーズに合った商品、欲しいと思わせる商品、業界がそういった商品の開発に力を入れているのは間違いないみたいだし、売り上げに直結させるようなアイデアを持った人材って言うのは自販機業界だけに限らず求められていくのだろう。

当たり前のように利用している自販機だが・・

自販機は私自身ほぼ毎日利用している。
今でこそ無くてはならない存在なのかもしれない。
ただよく考えてみるとこれって昔はなかったことだし仮になくなったとしても本当に困るのだろうか?
便利な世の中は本当に素晴らしいこと。
それは携帯電話でも同じことが言えるだろう。
携帯電話は無いと困る人もいるかもしれない。
しかし、昔は無かったとしてもそれが当たり前のように生活していたものだ。
自販機に関しても同じことが言えるのではないだろうか?
ただこのように発達してしまった世の中では自販機があるのが当たり前というもの。
当たり前の世の中だからこそ既存のモノのありがたみにも気づかないのだろう。
よく考えてみて欲しい。
ボタン一つで物が買えてしまうこのシステムっておそらく100年前の人達からしてみれば到底考えられなかったはずだ。
この先私たちが存在しない未来では今の頭では考えられない便利なシステムが出来上がっているのかもしれない。
自販機も今この時代のものとは比べ物にならないくらいどんどん進化し続けていくのだろう。

レトロな自販機から学ぶ

レトロな自販機って今話題になってるけど知っていましたか?
前にテレビでやっていた特集だと故障なんか多そうだったし味は大丈夫なのか?
って思ったけど反応を見る限りでは味がイマイチって事はないみたい。
しかも今じゃレトロ自販機って結構なブームらしくわざわざ探し出す人もいるとか。
今じゃとても見つけることが出来ない自販機だけが置いてある食堂もあるみたい。
何でもマニアの間ではここが聖地と言われるらしくかなり注目を浴びているらしい。
ハンバーガーやそば、うどんもあるみたいだけど本当に味って大丈夫なの?
って思うよね。
ただこの考えって先を行ってるけれどまだちょっと早かったんじゃないか・・って思ってしまう。
自販機を導入する
今の時代ならおそらく人が作ったのと同じくらいのクオリティが出せると思うんだけど当時の技術ではまだまだ追いついていないんだってね。
もちろんそういった考えは素晴らしいものだし、だからこそ今があるのも頷けるんだ。
今後はこういった自販機を現在の技術で開発して欲しいと思ってるよ。

2016年3月28日 at 7:02 PM
Commenting is closed